尾鷲シードリームと梶賀ダイビングサービスで、水中ガイドの伊藤です。 ホームグランドである東紀州の四季折々を、水中写真でお伝えしたいと思います。

ギャラリー
  • 7月から8月の総集編
  • 7月から8月の総集編
  • 7月から8月の総集編
  • 7月から8月の総集編
  • 7月から8月の総集編
  • 7月から8月の総集編
  • 7月から8月の総集編
  • 7月から8月の総集編
  • 7月から8月の総集編
すっかり、サボっていた、四季ログ。
すみません。

気がつけば、繁忙期に突入して、
仕事の合間を縫って、
撮影の時間を作る工面に必死でした。

7〜8月は生物達も大忙しで、それを見逃す訳にはいきません。

7月12日、梶賀の堤防ビーチ下で、ウミヒルモの開花を初確認。


そして、8月中旬頃まで、活発だったクロホシイシモチの産卵。





産卵→放精→咥え込み→吹き出し、
一連の行動を観察して頂けました。

そして、幼魚たちの成長、




それから、もっとも印象的だった、
ソラスズメの孵化、




来年は確実に当てて、皆様にお見せします。

定番ですが、アオリイカの産卵、




そして、8月中旬にはナマコの一斉放精、



熱い1ヶ月はあっという間に、過ぎ去りました。

そして、季節は秋へと進み、
彼らが最高に輝きを増します。




東紀州を代表する、ハナダイ達です。

まだまだ、尾鷲の水中は熱いですよ‼︎(^ω^)






コメントする

名前
URL
 
  絵文字