尾鷲シードリームと梶賀ダイビングサービスで、水中ガイドの伊藤です。 ホームグランドである東紀州の四季折々を、水中写真でお伝えしたいと思います。

ギャラリー
  • 9月から10月の総集編
  • 9月から10月の総集編
  • 9月から10月の総集編
  • 9月から10月の総集編
  • 9月から10月の総集編
  • 9月から10月の総集編
  • 9月から10月の総集編
  • 9月から10月の総集編
  • 9月から10月の総集編
しばらく更新してませんでした。
東紀州はすっかり初夏の装いになりました。

シードリーム、対岸ポイントのクマノミ.ペアーです。もう少し水温が上がれば、産卵が始まりそう。


ソラスズメの巣作り、体色が青から黒っぽくなり、婚姻色です。


昨年は梶賀で多かったオキナワベニハゼ、SDの一ツ石で現れました。
梶賀は、何故か見かけません。


シラサマビーチの空き缶には、ニジギンポが巣作り。卵は確認できてません。


梶賀のコンブの森、アントクメという海藻で夏に向けて大きく育ちます。


梶賀のコカジカ前では、スナダコが巣作り。


ホシノハゼの求愛ダンス、雄が婚姻色です。

早く生物たちの産卵、卵保護を観察したいですね‼︎(^ω^)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字